お気軽にお問い合わせください TEL:0256-88-3336

TOP 匠の森ブログ 社員大工の鳴海雅之が技能功労者として表彰されました

匠の森ブログ

社員大工の鳴海雅之が技能功労者として表彰されました

2021年12月28日

令和3年度の新潟市技能功労者として、

重川材木店の社員大工・鳴海雅之(なるみ まさし) 52歳が表彰を受けました。

 

鳴海写真

技能功労者表彰は、大工や金属加工、自動車整備、被服や調理師、理美容師、マッサージ師など、

『職人』を称える表彰です。同じ職種の職人として30年以上の経験を積んだ人で、優れた技術を

持っていて、若手を育成したり、まわりの職人の見本になるような人に与えられます。

 

鳴海は高校卒業後、1991年(平成3年)に重川材木店に入社。重川材木店の大工育成塾「匠塾」の

一期生として大工職人としてのキャリアをスタートしました。

先輩大工や棟梁の元で実践経験を重ね、大工の腕を磨き続けてきました。

 

2000年(平成12年)には、テレビ東京系列の競技型バラエティ番組「TVチャンピオン」の

「大工王選手権」に出場。当時30歳だった鳴海は、家族が楽しめることをコンセプトにした

「海が見える露天ぶろ勝負」に挑戦。見事優勝を果たしました。

 

近年はプレハブ住宅が増える中で、数寄屋づくりや茶室など昔ながらの技が不可欠な住宅を

多く手掛けている重川材木店では、大工に高い技術が求められます。

 

鳴海は11月26日に技能功労者表彰式に出席し、中原八一市長より表彰状を受け取りました。

表彰を受けた鳴海からのコメントを紹介させていただきます。

『何より大工仕事が好きで30年続けてきました。自分の手掛けた仕事が形として残ることと、

 お施主様の喜ぶ笑顔を見ることが本当に嬉しい瞬間です。

 受賞できたのは、色々な方々の協力があってのお陰ですので感謝しています。

 体はあちこち痛いですが、これからは培ってきた技術や大工仕事への真剣な姿勢を、後輩たちに

 伝えていければと思っています。』

 

もし、家づくりの現場でお会いした時には皆さんぜひお声がけ下さい。

 

 

重川材木店 インスタグラム はこちら➩➩➩ instagram

 

«
»

ページの先頭へ